So-net無料ブログ作成

行楽シーズンの海釣りはサビキ釣り+泳がせ釣りで決まり! [思わずニンマリ!!]

行楽シーズンには、ご家族や親しい友達と防波堤や海釣り公園などに行って、糸を垂れる機会も多くなります。


d_09521469.jpg


ベテランばかりではないファミリーフィッシングの場合は、まずは誰しもがボウズにならない可能性が高いサビキ釣りが鉄板の手堅さを見せてくれます。


tunoda24_3.jpg


特に女の子がいるファミリーは、魚が釣れなくなるとすぐにしらけますから、何かしらの魚が釣れる釣り方が良く、やはりサビキ釣りが投げ釣りよりも危険性も少なくおすすめです。



★サビキ釣りの欠点を補う泳がせ釣り


手堅いサビキ釣りですが、同じぐらいの大きさの同じ種類の魚ばかりが釣れることが多いものです。


なので、釣れ過ぎて飽きることもしばしば。^^;


そのようなときは、サビキで釣れた魚を餌にした泳がせ釣りが絶対おすすめです。



あわよくば、小さな小魚が高級魚に変わることが多く、初心者でも大型が狙える釣り方でもあるのです。


どんな魚が釣れるかというと、波止からでも、
・シーバス
・ヒラメ
・マゴチ
・クエ
・キジハタ
・マハタ
・ブリ
・ヒラマサ
・カンパチ
・サワラ
・タチウオ
・アオリイカ
…といった美味しい高級魚たちが狙えます。


IMG_8597kai.jpg


ルアーではアクションの付け方が難しくても、生きた小魚は勝手に逃げ回ってアピールしてくれますから、ヒット率は格段に違います。


hirame-720x540.jpg


だから、ビギナーでも美味しい高級魚に出会える確率が高いのです。


泳がせ釣りをする際にあった方が良いものを挙げてみます。


まずは、こちらのフィッシュグリップのセットは絶対にあった方が良いです。





小魚を餌にするフィッシュイーターの魚たちは、歯が鋭くて危険な魚が多いので、フィッシュグリップのセットはケガをしないために予めそろえた方が良いですし、こちらの商品は送料無料で1000円という破格の値段だと思います。


さらに、せっかく釣った高級魚を美味しく食べるためにこちらの神経締めがあった方が良いです。



こちらですと送料が安くて、送料込みで1000円以内で入手できます。


品代が750円で送料が750円で合わせて1500円などという品物は、正直買う気になりません。^^;


平目刺身.jpg


それはともかくとして、美味しい魚料理を作る下ごしらえとして、神経締めは釣り人であれば、1つは持っておきたいツールです。



スポンサードリンク




















nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。