So-net無料ブログ作成
検索選択

糸付き汎用スピニングリールで大型のシーバスを狙ってみよう!! [リール]

釣り雑誌や初心者向けの釣りの本などには、『「糸付き汎用スピニングリール」はボロだから買うのは辞めよう!!』みたいなことが書かれていることが多いはず。



確かに!!と思うこともあるのですが、日本が世界に誇るダイワやシマノの「糸付き汎用スピニングリール」だったらどうなのか?と言うことですが、結論から申し上げると、全く支障なく使えます。(笑)



釣りは釣れなければ釣れないほどにターゲットを神格化しがちで、高価なタックルでないと釣れない思いがちなのですが、釣れる場所に行けば、実はタックルなんて最低レベルのタックルでもガンガン・・釣れるのです。


1457314067-647647_3.jpg




例えばモエビやアオイソメを使ったウキ釣りでは一般的にこの様な仕掛けを使うはずです。
img01.gif


竿は磯竿の2~3号で、長さが5・3~6・3メートルというのも的を得ていますが、実は投げ竿だろうとブラックバス用のロッドでも十分釣れるんです。^^;


hhw7.jpg


私は3メートルぐらいの20号負荷の船竿のタックルでも釣ったことが何度もあります。^^;


リールなんて、スピニングリールであればたいていは使えます。



こちらの3号ラインが150メートル巻いてある「ダイワ(DAIWA) 16 ジョイナス 2500」でもバッチリ釣れます!!





もちろんこちらの3号ラインが150メートル巻いてある「シマノ 16エアノス[AERNOS] C3000 Line (3号-150m糸付)」でも同様です。






実を言いますと、私はリールはあまり高級機が好きではありません。



精密すぎて、トラブルが逆に起こりやすいような気がするのです。



かえって安価なリールの方がシンプルなために、多少手荒に使っても長持ちすることをこれまで経験してきています。


シーバスにせよ、クロダイにせよ、タックルを見て魚が食いつくワケではありません。(爆)



安価なリールでも十分釣れます。



ロッドとリールで10万以上のタックルを使っても、毎回のようにボウズの釣り人もいれば、中古釣具のロッドと竿で3000円ぐらいのタックルでも、毎回大漁の釣り人もいます。(苦笑)



高い道具が釣果を保証するとは限りません。



あえてそんなに高くない道具を使いこなした方が面白いこともありませんか?



糸付きのスピニングリールもバカにはできません。
スピニングリール 糸付き



タックルの足りないところは腕でカバーするのも釣りの面白さの一つです。






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: